墨田区議会議員 ちの美智子

ホーム  > ブログ > 2011一覧

ちのブログ

P1000937.JPG

防災フェアが開催されました。

2011年8月26日

区役所1階アトリウムで、防災フェアが25日から31日まで開催。

首都直下地震もいつ起きてもおかしくない今。大地震の発生に備え「自分の命は自分で守る。自分たちのまちは自分たちで守る」という意識を高め、個人の防災対策を考える催し物です。

様々な防災に役立つ制度の紹介や東日本大震災に関するパネルや写真展示、無料相談窓口の開設、災害時に役に立つ記念品がもらえる防災クイズら利などがラリーなどが実施されました。

私に寄せられる防災関連の相談に、老朽家屋の問題があります。持ち主も、住んんでおられるのも高齢者の場合は、耐震補強工事も建て替えも経済的に難しい場合があります。また相続がはっきりしていないために、空き家のまま防災上危険な家屋もあります。あくまでも個人の物なので行政が手を出しにくいことがありますが、危険であることには変わりありません。相談体制や支援体制にもっと工夫が必要だと思っています。

 

P1000934.JPG

「かぶきはともだち講座」のポスター

第一回「かぶきはともだち講座」に参加しました。

2011年8月22日

歌舞伎にまつわる様々なテーマを取り上げ、多くの方に歌舞伎に親しんでもらいたいとの趣旨で「かぶきはともだち講座」がスタートしました。月に1度開かれます。

第1回目の松本幸四郎さんの素晴らしい話術に吸い込まれてしまいました。子供の頃の様子やご家庭の様子など楽しい中にも凛とした先代の生きざまが伝わってくる貴重なお話でした。

日本伝統芸能振興会が主催した「こどもかぶき」の公演の際、私は伝統芸能を広く市民に愛されるように活動されている団体がある事に大変感銘を受けました。日本という国が持っているすばらしい精神、や誇りを培う機会があまりにも私たちには少なすぎたように思います。まして子供たちにはもっともっとナショナル・プライドとでもいうものを育む必要があると感じています。

伝統芸能を守り推進していく活動は、文化庁も支援しています。墨田区でも、日本の伝統芸能が住民に親しまれ、生活の中で楽しまれてゆくように、私も尽力してまいります。


 

   


 

P1000926.JPG

トリフォニーホール入口

「すみだ区民音楽デー2011」で すみだ少年少女合唱団の歌声を聴きました。

2011年8月21日

トリフォニーホール・大ホールでは1時半から、「すみだ区民音楽デー2011」が行われました。

トリフォニーホールはほぼ満席で、初めのプログラム・すみだ少年少女合唱団の「女声合唱と管弦楽のための交響合唱組曲・シェヘラザード」がはじまりました。賛助出演の合唱グループとオーケストラも加わり、ダイナミックな歌声でした。1時間もの長いプログラムも終始、美しい歌声で懸命な姿が印象的でした。

すみだ少年少女合唱団は合唱を通して豊かな人間性を育み、音楽性を啓発するため、墨田区教育委員会により、昭和60年に結成された合唱団です。東京音楽大学の甲田潤先生等の指導のももと、年間55回の練習を行っています。今、練習拠点が、立花吾嬬の森小学校ですが、100人を超える団員の練習会場としては手狭な感が致します。素晴らしい指導者や保護者に恵まれ子供達の心身の成長が伺えます。これからも期待します。

最後に少年少女合唱団のみで歌って下さった「ふるさと」は澄んだ、きれいな、いつまでも心に残る響きでした。有難うございました。

 

P1000914.JPG

P1000911.JPG

P1000908.JPG

ザリガニつりのコーナー

第2回すみだストリートジャズフェスティバルや大横川親水公園つりぼりフェスティバルなどにぎやかに開催

2011年8月20日

昨日の大雨からずいぶん涼しい一日になり、様々なイベントにとっては過ごしやすい日でした。

ジャズフェスティバルは錦糸公園と大横川親水公園の会場に行ってきました。全国から1500人ものミュージシャンがすみだに結集してくださり、33会場で演奏をしてくださいました。

軽快なジャズは心が軽くなりますね。うきうき元気が出てきます。お客様には団塊の世代の方々と思しきお顔も多く見受けられました。生ビール片手にご夫婦で楽しんでいる姿など、幸福な時間を私も含め多くの方々がいただいたと思います。関係者に御礼を申し上げたいと思います。

錦糸町会場でびっくりしたのは若いボランティアの方々の多いこと。そして元気でいきいき、仲良く働いていることです。おそらく、以前は何の関係もなかった人と人とが、自ら人と人とのつながりを創って、他の人々のために汗を流そうというのですから、人間ってすごい!と思っています。実行委員会の皆さん、ボランティアの皆さんありがとうございます!

大横川親水公園では北側はジャズフェスティバル南側はつりぼりフェスティバルで大賑わいです。夏休みを満喫している子供たちでした。ザリガニつりのコーナーは子供たちも真剣です。楽しい思い出ができたと思います。

 

P1000894.JPG

P1000903.JPG

P1000897.JPG

第66回目の終戦記念日を迎えました。

2011年8月15日

終戦記念日にあたり、すべての戦争犠牲者とご遺族の方々に謹んで哀悼の意を表したいと思います。

とともに、戦争の悲惨さ、残酷さを身をもって体験された方々の思いを受け止め、世界と日本の恒久平和の実現のために全力を尽くしてゆく事をお誓い申し上げます。

今年の終戦記念日は、この度の東日本大震災からの復興とが重なった特別な思いがいたします。

私はこの日は例年、街頭演説や関連のイベント等に参加しています。午前中は数か所で街頭演説を行い、公明党として、世界の平和に貢献できる日本の国づくりにまい進してゆく事をお誓いしました。

午後、茨城県の阿見町にある予科練平和祈念館に行ってきました。

今も昔も変わらない「空」をテーマにしている幾何学的なデザインの建物です。中には土門拳の奇跡的に残っていた予科練の訓練の風景が繰り広げられていました。もうすぐ飛び立つその時に書いている遺書は、17歳位の若者達です。その文面には、お母様 お父様 家族の名が連なっています。私にとってはわが子とも重なってしまい、涙が溢れて止めようがありません。人間の命を戦いの手段・道具として扱う軍国主義は断じて許されません。増して日本は世界で唯一の被爆国であります。私たち日本のもつ使命は大きいと感じています。

今公明党は、2015年の「核廃絶サミット」を長崎・広島で開催する事、2020年には「核兵器禁止条約」の締結を目指すよう提唱しています。

 

P1000887.JPG

P1000891.JPG

押上駅前で議会報告をしました。

2011年8月12日

押上駅前で朝7時半から1時間ほど、加藤まさゆき都議と議会報告を致しました。

報告の中から

高齢者のみまもり相談室が本年度8ヵ所・全域に設置がされます。昨年までは2ヵ所(文花・みどり)であったものが、本年4月には、3ヵ所が増設されました。この秋を目途に残りの3ヵ所が設置されます。ご近所のご高齢の方々が心配に感ずるようなときは、見守りに相談して頂きたいと思います。

子宮頸がんの予防ワクチンの無料接種がスタートしました。本年度対象は中学1年から高校3年の年齢の女子です。ワクチンが不足したために、4月にスタートできず、7月末から実施されました。本年度のみの対象ですので是非受けていただきたいと思います。来年からは中学1年生のみとなります。

など報告いたしました。

 

P1000881.JPG

開演前の様子

こども・若草歌舞伎を鑑賞しました。

2011年8月 8日

文京区の日本橋社会教育会館にてNPO法人日本伝統芸能振興会の主催で歌舞伎の発表会が行われました。

今日は千秋楽で多くの方々でいっぱいでした。なんと滝沢議長(墨田区議会)も来られ、会場でばったりお会いしました。

小学生の部はこども歌舞伎。中学生の部は若草歌舞伎として稽古の時からしきたりや礼儀作法を仕込まれ、心身ともに鍛えられているようです。それは、舞台を見れば判ります。「白波五人男」・、「大石東下り」と見入ってしまいます。立ち居振る舞い、声の出し方、口上のうまさ、どれほど素晴らしい大人たちに稽古を付けていただいているだろうと、思いました。

実はご案内状を頂くまでこうした活動をされていることさえ知りませんでした。日本の伝統芸能を次の世代に伝承させる、また子ども達の心に日本人の美しい精神を培う貴重な活動をされています。世界に誇る日本の伝統文化がこうして伝承されている事に感謝と感動です。

只今、こども歌舞伎出演者を募集しているようです。 

   募集詳細はこちら⇒http://busokabuki.blog67.fc2.com/blog-entry-125.html 

私は文化芸術団体が区内でも、活動がしやすいような環境を整えるべきであると考えております。そこで昨年、文化芸術振興条例を墨田区でも制定すべきと訴え、区では、本年度その準備に取り掛かり、一歩前進したところです。これからも推進してまいります。

 

 

P1000905.JPG

なりひらホーム

なりひらホームの家族説明会に参加しました。

2011年8月 7日

なりひら特別養護老人ホームは本年4月に管理を委託している事業者が代わりました。

シルバーウイングという事業者で文京区に拠点があり、他区でも2か所の高齢者施設を運営している事業者です。今までは済生会が委託管理を受けていましたが、指定管理者の更新時期にシルバーウィングに落札されました。区内のホームで事業者が代わるという事ははじめてです。スムーズな移行が望まれてなりません。

5月の説明会では、事業者が代わり、今までの事業者とはなかなか同じようにはいかない点がいくつか指摘され、その為、本日2回目の家族説明会を家族会から要望もあり、開かれたようです。私も事業者にお願をして、参加させて頂きました。

私が早期に改善すべきだと思ったことの一つに、浴室と空調の修繕があります。これは、区が管理委託しているわけですので施設の整備は墨田区がやらなくてはいけません。5月に故障がわかり、未だに改善されていないとはとんでもないと思います。聞けば、浴室は3個のうち1か所が使えなく、利用者には2か所の浴室で、シャワーを増やしながら、対応しているというのです。浴槽にゆっくりつかる事がなかなか出来ない状態です。また、空調機器も深夜数時間の停止をさせ、オーバーヒートしないよう使っているというのです。もし、空調が壊れたらこの夏の暑さどうなる事でしょう。家族会の方々が心配するのは当然です。

公共施設の整備は、老朽化に伴い当然おきてきます。ですから私達公明党は公共施設マネジメント計画をしっかり立て、区民が困らないよう修繕、メンテナンスを要望してきました。早急に修理するよう強く墨田区に要望致しました。

 

P1000867.JPG

文花団地まつり

P1000862.JPG

京島南町会のおまつり

お祭りが盛んに行われています。

2011年8月 6日

京島南町会、文花団地自治会、駅前プラザ自治会など、多くの団体が5日から7日にお祭りがおこなわれていました。

私もできるだけ多くの方々にお会いできるように参加させて頂き、踊りました。

時折涼しい風が吹き、汗いっぱいの皆さんの顔にさわやかな笑みが溢れていました。

こうしたお祭り等の活動の中に、地域の人の輪が強くなってゆくのかなと思っています。

踊っているうちに、何人かの方からお声をかけて頂きました。

ちょっとしたご相談でも気軽にお声をかけて頂ける下町の人のつながりをありがたく感じます。

そんな出会いから、何かお役に立てるような事になると嬉しく思います。

 

 
TOPへ戻る