墨田区議会議員 ちの美智子

ホーム  > ブログ > 2011一覧

ちのブログ

皆様、本年ありがとうございました。明年も全力で働きます!

2011年12月31日

一年間、ご支援頂き誠に、ありがとうございました。本年は生きるという事、つながるという事、様々な思いを胸に皆様も年を越されていると思います。大変な年でありました。明年は、日本にとっても、全世界にとっても、平和な一年になりますように、心から願っています。

いよいよ、スカイツリー開業です。墨田が元気になり、墨田から、日本に元気を発信できたらと、思います。一日一日、明年も、全力で働いて参ります。どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

gazou_031.jpg

新タワー建設・観光対策特別委員会の様子

「すみまるくん・すみりんちゃん」の循環バスの停留所等が決まりました。

2011年12月21日

12月21日、新タワー建設・観光対策特別委員会が開会されました。循環バスは24年の3月20日から運行がはじまります。それに伴い、停留所や料金等の報告がありました。

 「すみだ 百景 すみまるくん・すみりんちゃん」は午前7時から午後9時、15分間隔で運行します。すみりんちゃんは、1台のみで電気自動車です。国の環境対策から補助金が出ており、区としてはプレゼントを頂いたようなものです。

バス停の設置が63ヵ所まで決まりましたが、大変な作業だったようです。地先で了解してくださった皆様のご協力に感謝致します。バスが止まることにより、渋滞や危険性がないか、信号付近や荷出しの駐車場に隣接しないか、警察の許可の出ないところなど、様々な理由があり6箇所未定です。関係者の皆様のご苦労に感謝致します。

料金は、大人(中学生以上)100円、小学生50円、幼児及び乳児は無料。乗り換えは、押上駅で1回のみの無料乗車券が発行されます。定期券は大人・子どもともに3,000円(1ヶ月づつで、4ヶ月目が2,000円)

この委員会で、私が、問題にしたのは、1・バス停には、人が滞留する場所の確保、いすの設置を進めていただきたいという事です。例えば、京島のキラキラ商店街の入り口のバス停。区立の原公園に隣接するわけですから、公園敷地内にいす設置のための整備を要望いたしました。 2・高齢者のバスの料金が安くならないかと言う事です。ひと言いわせて!循環バスは、以前報告いたしましたが、京成バスが落札いたしました。区が予定していた価格より、ずいぶん安い価格でした。安い分、高齢者へのサービスが入れにくかったともいえます。そこで、安かった分は区が高齢者政策として、高齢者の定期券を格安にするなど工夫すべきではないかと言うものです。京成バスさんには負担がかからない訳ですから。区民のためのバスと来訪者のためのバス。どちらも大事。

 

 

 

111217_1502~01.jpg

山?区長と山崎亮氏が対談

P1010101.JPG

押上伸成町会・子ども会の皆さん

P1010105.JPG

駅前プラザ自治会の餅つき

食でつながる・つなげる・まちづくりを考えました。

2011年12月18日

17日(土)すみだリバーサイドホールで対談&報告会「食でデザインするコミュニティ」が開催されました。コミュニティデザイナーである山崎亮氏と、墨田区長が食育について対談がありました。食べると言うことは命をつなぐこと、心をつなぐ事だと思います。 

チームに別れ研究してきたことを発表して下さいました。(素晴らし発表でしたが、一言ですみません。)

人チーム・・・おせっかい大学でおせっかいの勧め。おせっかい食堂を作ろう。家庭チーム・・・おすそ分けのネットワーク作りを広げてゆこう。まちチーム・・・グルメフェスティバルを開催しよう。協働チーム・・・堆肥(生ゴミ)と生産地をつなげよう。炊き出しの訓練として、いも煮会をしよう。などなど

食育計画に基づいて、食育リーダーさん達が活動してきた企画が30にも上るそうです。食は手段です。コミュニティーを作ることが目的であるわけで、どうやって人がつながって行くのか、様々な仕掛けをこれから取り組むわけです。がんばろう!

私は、一人暮らし高齢者が一人で食事をすることが非常に切なく思っています。なんとか改善できないかと思います。隣人と食卓を囲み楽しい語らいがそこにあれば、心も胃袋も満たされてゆきます。

山崎亮氏のお話は分かりやすく、食育の大事さが伝わってきました。一見、不必要なこと、無くてもいいことが大事な事があると言うのです。人と人が関わるのりしろと言うものが必要であると。「かかわりしろ」とでも言うべきものです。そこに同じものを食べ同じ時間を過ごし、つながってゆく、じっくりと手間をかけながら、熟成してゆく人のつながりができる。

18日(日)各地で餅つき大会がありました。

押上伸成町会の餅つき大会では子ども会のお母さん達の出動です。京島1丁目の駅前プラザ自治会等も餅つき大会でした。こうしたイベントを通して、地域がつながって行くことを、今年はひとしお強く感じます。皆さんありがとうございました。

 

P1030534.jpg

教職員研修の様子

P1010108.JPG

教育プラザ富樫正面

金沢市の「教育プラザ」「金沢21世紀美術館」を視察しました。

2011年12月14日

13日に「金沢市教育プラザ富樫」、14日に「金沢21世紀美術館」を視察しました。金沢市は古き時代から子どもをこよなく大事にし、芸術に惜しみない支援をする土地柄だと知り、感動しました。

 今回の視察の目的は私達公明党が提案している「すみだ教育センター」の設立にあたって、多角的に取り組んでいる教育プラザ富樫を、また北斎館建設にあったって、美術館の建設・市民への還元性など勉強させて頂きました。

45万都市としての中核都市として、児童相談所の設置も県の支援もなく、独自で取り組んでいます。0歳から18才までの子どもの育ち・教育については、1・子どもの保護 2・保護者からの相談機能 3・教育関係者の研修支援 4・地域グループの活動支援 あらゆる視点からの「こども」を守り育てる体制が、ここに終結しています。2階のフロアーには教育委員会の所管と子供福祉の所管が一同に机を並べており、困った事案は、その場で顔を合わせて、連携が取れます。教員用の図書室には「教科別指導案」や参考書籍が並んでおり、教員の授業相談も充実しています。非常に大きな施設で財政的にも大きな負担があるわけですが、金沢市は子どものために必要な物はやろうと、反対の声はなかったそうです。それは古くから培われてきた豊かなコミュニティーがあります。お寺も多く、善隣館や民生委員等の地域活動が活発で子どもを大事に立派に育む土地柄があったようです。幼稚園はすべて私立幼稚園である事もうなづけます。

さらに、美術館は、現代アートの総ガラス張りの斬新的建物です。建築デザインは妹尾氏です。すみだの北斎館のデザインも同氏です。昔、加賀の殿様が、庶民に「みな、芸事に勤しみなさい。」と文花芸術振興のおふれを出したとか。古き時代から芸術への憧憬が育まれていたのですね。

金沢と言う街がとても心豊かな街で、人と人が温かくつながっている、住みたくなるような町でした。きっとご説明してくださった高柳晃一所長(子ども総合相談センター)はじめ、ご案内くださった方々の郷土への熱い想いが、金沢の素晴らしさを伝えて下さったのだと思います。

 

111208_1531~01.jpg

開会前の様子

「人生100年楽しく生きる」を 樋口恵子氏が語る。

2011年12月 8日

てーねん・どすこいさんの主催で評論家の樋口恵子氏がすみだりバーサイドホールで講演して下さいました。

ユーモアたっぷりの切れのいい、元気の出るお話でした。日本は高齢化の最先端をいく模範になる国だと言うのです。「人生100年」という初代の船に乗り合わせたのが、我々であると。それは何歳の人でも同じ船に乗った仲間だと言うのです。この船がちゃんと航海できるようがんばろうというのです。その為には、腹六文目の食事、多少の労働を挙げていました。生きると言うことは汗して働かせていただくこと。それが元気の源、大いに人生を楽しもう。それこそ、本当の介護予防であると。樋口氏は79歳です。とにかくお元気です。100歳社会に船出です。会場には元気なご高齢の乗組員で満席でした。

 

111212_1141~01.jpg

建設中の福神橋保育園の仮園舎

R0010908.JPG

福祉保健委員会の様子

両国子育てひろばの管理者が替わることになります。

2011年12月 5日

福祉保健委員会が開かれ、指定管理者の選定等について審議されました。

私が所属している委員会です。24年度は指定管理者の更新の施設が6件ありました。中でも両国の子育てひろばは管理者が変わることになりました。新たに一時預かり保育や定期利用保育などの新サービスが取り込まれることになり、経験のある新事業者に託される方向になりました。

また、福神橋保育園が耐震補強工事の為、一時文花公園内に仮園舎を移設して工事を行なうことになりました。文花公園が4分の1以上が園舎です。園庭にも公園が使用されると、今まで利用していた方々は、ずいぶん御不便を感じると思いますが、ご協力下さい。一方、文花団地地域は広域避難所にもなっており、その機能を心配されている方もいます。十分広域避難場所としての要件は満たされているとの事でが、できれば、地域の防災拠点会議などの折、事前に説明されるべきです。又改修後の新園舎では送り迎えの際、雨にぬれないような自転車置き場と玄関入り口には軒をつけていただきたいとお願い致しました。

 

111212_1147~01.jpg

工事中のソラマチ

スカイツリータウン・東京ソラマチで働こう!

2011年12月 4日

公明党が2年前から提案しておりました、出店テナント合同面接会が実施されます。

スカイツリーの中で働きたい方々が待ち望んでいました。身近な方がタワーのどこかの店舗で働いているとか、いいですね。

合同面接会は区として、後援しています。区のお知らせ(23年12月21日号)にも掲載されます。

面接会実施スケジュールは以下の通りです。

平成23年12月25日(日)求人用特別サイトを開設

         26日(月)フリーペーパーに掲載

平成24年1月 8日(日)新聞折り込みチラシ(合同求人特集)

         9日(月)フリーペーパー発行(合同求人特集)

    1月14日(土)第1回合同面接会 (すみだリバーサイドホール)

    2月20日(月)第2回合同面接会 (すみだリバーサイドホール)

    3月17日(土)第3回合同面接会 (すみだ産業会館)

 

 
TOPへ戻る