墨田区議会議員 ちの美智子

ホーム  > ブログ > 2012一覧

ちのブログ

P1020002-thumb-210xauto-214.jpg

18日 文花団地にて

P102000519.JPG

19日押上駅前にて

やっと衆議院が解散しました。総選挙です。

2012年11月21日

やっと衆議院が解散し、12月16日に総選挙となりました。政権を担うのはどの党がふさわしいのか。有権者の選択が問われる選挙です。19日(日)から街頭・駅頭を始めました。比例区の党名での御支援をお願いしています。

本番の選挙戦がはじまると確認されている団体(候補者や政党など)の街頭遊説しか許されません。(旗やたすきやメガホンなどを使用しなければ出来ます。)ですから、都知事選の告示日29日以降は個人では出来ません。

私は今回の選挙で有権者の皆様に3点訴えております。

1・政権を担当できる政党かどうか

3年2か月の民主党の政権運営は多くの方ががっかりされた事と思います。マニュフェストもほとんど実現しないで、そればかりか、実現不可能なマニュフェストにこだわり過ぎた結果、混乱と後退が日本を苦しめてきました。公明党は過去の政権担当の経験もあり、いつも大衆の側に立つ政治を行ってきました。

2・経済対策を明示しているかどうか。

減災・防災のニューディール政策を示しています。10年間10兆円づつ、防災・減災の為のインフラ整備をする事が強いては経済対策につながってゆくのです。

3・地方議員とネットワークがある政党であるか。女性の声を大事にする党であるか。

新しい党が生まれてはなくなり、融合離反がめまぐるしいが、その国会議員に国民の声をつなげる地方議員が居られるでしょうか。その上、女性の影も見えません。公明党の地方議員の30%は女性です。公明党の地方議員は国会議員へのネットワークがあります。私も地域の皆さんの声を伺って加藤都議や高木衆議院議員につなげています。いくつもの声を届けました。

 
TOPへ戻る