墨田区議会議員 ちの美智子

ホーム  > ブログ > 2014一覧

ちのブログ

IMG_20141211_183356 (1).jpg

IMG_20141211_182451.jpg

11日街頭演説・ヨーカ堂前

ご支援の皆様に心より感謝。今こそ軽減税率実現へ!

2014年12月15日
第47回衆議院総選挙は、自公政権が進める経済対策などで、与野党が激しい論戦を交わした政権選択の選挙でした。公明党は、多くの皆様のご支援を戴き9選挙区と比例区の26(前有議席は22)の計35議席、4議席増の大勝利をさせて頂きました。寒い中、懸命にご支援下さいました皆様に感謝の思いでいっぱいです。皆様のご期待に応えられる様、私も全力で働いてまいります。

東京14区の墨田区は小選挙区の公明党の候補者はいませんでしたので、公明党の宣伝車も12月11日夕刻墨田区入りしただけです。東京比例区は高木陽介、高木美智代の両氏の前有議席を死守する事を目指して参りました。11日、党の宣伝車がヨーカ堂曳舟店の前で街頭演説をさせて戴きました。寒い中多くの方々にお集まり、比例区候補の2人の訴えに力強いご支援をいただきました。私は宣伝車での流し遊説で、ひたすら、「投票用紙の2枚目には公明党(比例区)」をお願いしてまいりました。また、全国のご支援で東京で唯一の小選挙区、12区の太田昭宏前国土交通大臣も、議席を守ることが出来ました。ご支援の皆様に心より感謝申し上げます。

この選挙戦の中で、多くの皆様から、自民党と連立する中でしっかり独自性を発揮してほしいとの声を戴きました。大きな議席を持つ自民党と共に、景気回復、経済対策を進めながらも、公明党独自の生活者の目線をしっかり守り、必ず軽減税率を実現してまいります。
公明党は地方議員3000名と国会議員の連携で有権者に実績をお届けしてまいります。

 

gijyou2_jpg-thumb-210xauto-62.jpg

スマートフォンで地域の課題を発信 『マイレポ』 を、本会議で提案。

2014年12月 2日
地域の課題を簡単に通報する事が出来るシステム 『マイレポ』について、提案をいたしました。

『マイレポ』とは、墨田区の住民がスマートフォンを使い、いつでも区役所に地域の課題を通報する事が出来るシステムです。
事前に、専用のアプリをダウンロードして登録をしておきます。その上で、道路の陥没、街灯の故障等、いつでも区役所の受付サイトに、スマートフォンで撮影した写真と、地図、コメントを添付して通報できます。

電話での通報とは違い、写真により状況を的確に伝える事ができ、地図が自動的に特定され、添付できるので電話では伝えにくかった所在がより正確に知らせる事が出来ます。その為、住民からの要望をより的確に区役所職員が把握でき、より迅速に対応出来る様になります。また、受付サイトは誰でも閲覧する事が出来るので、他の人が既に通報している内容や、区役所の対応に関しての進み具合などを確認する事も出来ます。今までは、そうした双方向の情報のやり取りが出来なかったために、住民としては区役所の対応が確認できませんでしたが、そうした問題の解決にもなります。

更に、『マイレポ』はもう一つの重要な役割を果たす事が出来ます。それは、ゲリラ豪雨などの災害時に住民から多くの情報提供を受け付けられる事です。集まった多くのデータは、その後の災害対策に対しての貴重な情報源になります。
こうしたシステムは、何かあればすぐに通報できると言う区民との信頼関係が醸成され、また街に住む私達一人一人が、街づくりに参加出来ると言う事でもあります。「マイレポすみだ」実現に頑張ります。(本会議は11月26日・とも議員が代表質問しました。)

 
TOPへ戻る