墨田区議会議員 ちの美智子

ホーム  > ブログ > 2015一覧

ちのブログ

P1320383.JPG

26年度決算委員会意見開陳☆.docx

決算委員会で意見開陳がされました。

2015年11月 9日
10月20日から開催された決算特別委員会が本日、各党の意見開陳がされ、認定されました。公明党からは高橋議員が会派を代表して、意見を開陳致しました。この26年度の決算は山崎前区長が執行されたものであり、現山本区長には、今後の予算編成をするにあったっての意見を述べる形とななりました。私は委員ではありませんので、直接意見を述べる事は出来ませんでしたが、次期予算委員会に向けて、今回問題になった事が解決できる様、調査研究して臨みたいと思います。

意見開陳の抜粋です。
1・公共施設マネージメントの次期計画には、様々指摘をしました。秋施設の総点検はもとより、未利用機能も見える化すべき。廃校や使用していない区有財産はランニングコストを考え、早期に整理すべき。等
2・大学誘致について区としてのまちづくりを視野に入れたビジョンを示すべき。
3・国民健康保険は、健康増進の観点から区民部から、保健衛生に所管を移管すべき。
4・がん検診はコールセンター等の設置を推進し、検診率の向上と再検査の受診率を上げる事に努力されたい。
など

意見開陳の内容は26年度決算委員会意見開陳☆.docxです。


 

IMG_20151108_101508.jpg

「子育てメッセ」の会場

IMG_20151108_101035.jpg

手作り玩具

「子育てメッセ」「ユートリア祭」に参加しました。

2015年11月 8日
八広地域プラザにおいて、「子育てメッセ」が開催されました。日頃子育を応援して下さっている方々の様子を垣間見ました。またユートリアでは、地域のグループが成果を発表していました。
子どもの衣類のリサイクルやお母さんの心と身体を癒すアロマとヨガのコーナー、また保育園では手作り玩具で子どもの発育を促す事など伺いました。小梅保育園の発泡スチロールのご飯は好評でした。また子ども達自らがサポーターになって、ポップコーンの売り子さんになったり、革の手作りコーナーではお手伝いのスタッフになったりと、子ども自身にもスポットが当った催し物だったと思います。
ユートリアでは、日頃の活動の中から選りすぐり絵画や書、陶器などの展示が部屋いっぱいに飾られていました。一つ一つの作品は本当に素晴らしいものです。しかし、私の感想では参加展示数が減少しているように感じます。その一方で、ホールでの発表会には多くの女性達の活躍があr、目をみはるものが有りました。私の親戚もフラダンスで楽しんでいました。あるフラダンスのグループでは、90歳の方をご紹介されました。お元気で、お元気で、驚きました。フラダンスは介護予防の体操には極めて優れていると、医師会の先生に伺っていましたが、納得です。これからの長い高齢期、生涯元気で、生き生きと過ごす事は大きな課題です。この様な地域の活動への支援が重要に思います。

 
TOPへ戻る