墨田区議会議員 ちの美智子

ホーム  > ブログ > 2017一覧

ちのブログ

IMG_2185.JPG

IMG_1360.JPG

「千代田区子どもの遊び場に関する基本条例」について、調査しました。

2017年1月31日
子ども達に思い切り、外遊びをさせたい!そんな願いを千代田区は実現しようとしています。
千代田区役所に、1月26日、区議会公明党として、条例制定の背景やそのご努力を聞いて参りました。

千代田区が子どもが、もっと遊べる「遊び場」を作ろうとした背景
1・子どもの成長に必要な外遊びが少なくなり、子ども達の体力・運動能力低下が問題視されてきたこと
2・親子がキャッチボールできる公園・子どもが外遊びをしたくなる公園をつくり、子育てしたくなる街にしたいとの願いが住民にあった。

「子どもの遊び場確保に関する検討会」の発足
子どもが安心して、自由に遊べる、親子でキャッチボールの出来る公園をつくろうと始まったのが、「子供の遊び場確保に関する検討会」
24年6月 第1回の検討会がスタート。
24年12月 「子どもの遊び場確保に関する検討会 報告書」が提出。
25年3月29日、「子どもの遊び場に関する基本条例」が制定される。

その結果、8小学校に1か所の遊び場を目指し、現在6カッ所の遊び場が実施。
子どもの遊び場は、曜日と時間を決めており、見守ってくれる大学生のプレリーダーがいます。
また、7か所目は昔のはらっぱのように自由に遊べる広場で、プレリーダーはいませんが、区が定期巡回を行って開放しています。毎週土日と祝日を国有地を借りて実施しています。7か所の遊び場は、年間、延4000人を超える子供達が遊んでいると報告されています。

私は10年以上前から、子どもが安心して遊べるために、各学校の校庭を公園の様に見立て、シルバーさん等の見守りをお願いして、遊べるようにと提案してきました。しかし、教育現場の校庭を解放してゆくことは、難しいようでした。結局は子育てや公園関係等の幾つかの部署が力を合わせて、未来の子どもの心と体を育むために、知恵をだし、尽力しなければ、事は成せないと痛感しました。
千代田区の皆様ありがとうございました。


 

IMG_1168.JPG

賛育会病院にて

IMG_1165.JPG

中島かおり氏の勉強会

2017年 謹賀新年

2017年1月 1日
   2017年 明けまして おめでとうございます。

 昨年7月の参議院選挙では、多くの皆様のご支援を戴き、2議席増の大勝利をさせて戴きました。誠にありがとうございました。2017年 本年も「大衆とともに」の立党精神を胸に、懸命に働いてまいります。どうぞ宜しくお願い致します。

本年、特に家庭を守る政策を実現してゆきたいと決意しています。年末にも、大変悲惨な親子の事件がありました。子が親を、親が子を虐待したり、死に至らしめたり、社会全体の大きな歪が弱者の所に現れると感じます。家庭のきずなは妊娠期、出産・子育て期に、沢山の応援を貰って、築くことが出来ます。そして、何とか子どもを育てることが出来ます。その時期をまず支援したいと、切に思います。

 「子育て中のお母さん」を支えるために、色々な方にお話を伺っています。昨年12月21日、「にんしんSOS」の理事長・中島かおり氏にお話を伺いました。10代と40代の出産が増加傾向にあり、想像もしていなかった現実を伺い愕然と致しました。また、22日には賛育会病院を訪ね、お忙しい所を、総務部長・助産師の重責の方々に産後ケアについて伺いました。産後2週間目に、出産後の家庭訪問をしてくださり、授乳見守り隊となずけて、不安なお母さんを助けて下さっているとの事等。助産師さん達のやる気を伺うと、すみだ区中の産後のお母さんを見守って欲しいと思いました。本年は、いつも以上に勉強します。考えます。そして、良い政策を実現できる様、働いて参ります。

 
TOPへ戻る