墨田区議会議員 ちの美智子

ホーム  > ブログ > 2017一覧

ちのブログ

IMG_2028.JPG

IMG_20371.jpg

日本女子大学の「リカレント教育」を視察しました。

2017年9月21日
NHK朝ドラの「あさがきた」で、多くの人が知るところになりました日本初の女性の大学、日本女子大学に9月19日、公明党の女性議員で視察いたしました。さすがに女性の教育にすごい!と思いました。
「リカレント教育」とは学校を終え就職した後も、必要に応じて教育を受けることをいいます。2016年に女性の活躍推進法が施行され、女性の生き方が大きく変わりつつあります。この教育過程は育児や進路変更などで離職した女性に1年間のキャリア教育をとおして、高い技能と知識、働く自信、責任感を養い、再就職を支援するプログラムとして、2007年にスタートしました。
ビジネス英語や財務、IT関連科目等30に及ぶ内容が用意されています。20代・30代が40%。40代が55%。就職希望のほぼ全員が再就職を果たしています。40人の定員。大学を卒業後、就職の経験があることが条件で、約80名の応募者があり、選考試験を行っています。文科省の「職業実践力育成プログラム」に認定されており、条件を満たす人には、教育訓練給付金制度の対象にもなります。授業参観では「個人情報の扱いについて」グループごとの研究結果のプレゼンテーションを拝見しました。有能な女性たちが再び社会の中で大きな役割を果たしてゆく流れを目の当たりに感じました。その中から課題も見えてきました。関係者の皆様のご説明に感謝いたします。

 

IMG_2023.JPG

敬老の日に街頭演説。

2017年9月20日
敬老の日に合わせて、街頭演説を文花団地やイトヨカドー前で行いました。今日の豊かな日本のために、また私達のために懸命に働いて下さった先輩の皆様、心から感謝いたします。
敬老の日」に合わせ、総務省は日本の高齢者人口の推計を発表しました。総人口が21万人減る中、65歳以上の高齢者は57万人増。占める割合は27.7%。世界で最も高い割合です。90歳以上の人口も初めて200万人を突破しました。高齢化の進展に伴い、社会保障費の伸びをどう抑えるのかが、課題となっています。私は元気で年を重ねる為の3点訴えています。
1・健康への支援。食事や禁煙、運動。検診が受けやすい環境づくり。早期発見、早期治療等。
2・介護サービスの情報がもっと手軽に分かりやすく手元にと届くようにすべきです。介護する家族がインターネットを通じて介護情報を手軽にてにする「介護情報検索システム」の導入を訴えています。
3・ボランティアや就労の支援です。特に、これからは高齢者の仕事への支援を本腰入れて取り組むべきと考えています。その方の得意とするもの、体力、好きな事、、個別に丁寧に就労への支援が求められてゆきます。

 
TOPへ戻る